本が出ました。

2014年1月、"おとしまえプロジェクト"と名付けた出版プロジェクトが始まりました。
それは、私が長年サハリン(樺太)に携わってきた一つの責任として、写真と文章により構成した本を出版するというプロジェクトでした。

当初は、サハリン在住の一世を全員撮影すると決めていましたが、取材を進める中で、なるべく生まれた年が早い方々を優先的にお会いしていきました。
 

終戦当時、少年少女だった彼、彼女たちはどのような人生を経てきたのでしょうか。現地で長期滞在をしながら、少しずつ話しを聞いていきました。

サハリンに通い始めて12年、本を出そうと決めてから4年、なかなか時間がかかりましたが、ようやく本になりました。

                            

                              後藤 悠樹

2018年2月23日

*写真展などの情報を随時更新していきます。

Please reload

© 2018 by GOTO HARUKI 無断転載禁止