• 後藤悠樹/GOTO HARUKI

なぜ戦争をえがくのか――戦争を知らない表現者たちの歴史実践

みずき書林さんより刊行されました。

私より三つほど年下の編著者の大川史織さんが、様々な表現者へのインタビューを元にした書籍となります。詳細はみずき書林さんの特設ページ をご覧くださいませ。サンプルも少し読むことが出来ます。私も参加しております。 テーマがテーマなので、なかなか重量のある内容です。そして、装丁もいいですね。表紙がトレーシングペーパーで本体に印刷された海が透けています。内容がヘヴィなので、疲れたら海を眺めればいいし、透かしの表紙も、各人を通して歴史を眺めることを象徴しているようです。、表現の道は違えど、行き着くところは同じような場所なのかな。昨日からぱらぱらと少しずつ読んでいます。 ご注文は、こちらからよろしくお願いいたします。

最新記事

すべて表示

第64回岸田國士戯曲賞ノミネート

昨年の夏にちょこっとお手伝いした京都の劇団、ニットキャップシアター、 『チェーホフも鳥の名前』が、第64回岸田國士戯曲賞にノミネートしました! 追記 残念ながら受賞ならず。但し、再演の可能性ありとのこと。またお知らせします。

© 2021  GOTO HARUKI 無断転載禁止